4・27-30 NYでTPPの将来と市民社会への脅威のシンポジウムに出席

ニューヨークにて、"Rules, Rights and Resistance -the Battle over TPP and TTIP"シンポジウムに出席しました

NYのNewSchoolで、" Rules, Rights and Resistance" The Battle over TPP and TTIPと題された、メガ貿易協定、TPPとTTIP(大西洋版)の市民社会への脅威と、市民側はどうそれを阻止するかというシンポジウムが開かれ、20名近い経済学、貿易論、発展論、NGO、労組、市民活動家などが参加した。どちらかというと、農業関係あるいは業界中心の日本と異なり、TPPの最大のテーマはこの貿易協定が地球環境や気候変動にどういう影響をもたらすかというものであった。

久しぶりにパブリックシチズンのロリ・ワラック女史と再会、情報交換を行った。